Jun's Cafe

奥村純アラカルト日記
<< 15才のLondon(2)・・・ちょっと人気者?? | main | ずーっとお家ご飯 >>
15才のLondon(3)・・・Isle of Wight
0

    少しずつ学校にも慣れ、

    家に呼んでくれる友達もできた・・・

    でも、やっぱり日本に帰りたかったMe

     

    英語なので、無口になりがち〜

    頭の中で英作文つくり、

    たまに完璧な英語をボン

    それ以外は、ニコニコ笑ってごまかせ

    このくせって、この頃ついたかも

     

    やっぱりもっと慣れるために、

    夏休み2週間、英国人の家庭に、

    home stay

    場所は、ロンドンの南

     

     

    the Isle of Wight

     

     

     

    4人の子供のいる農場・・・

    私の他に2人ホームステイ

    ドイツ人とロシア人の17才の女の子

    1日目にしてホームシックのMe

     

     

    「あといくつ寝ると、London

    何と、早く日本に帰りたかったJunさん、

    Londonへ帰りたい!!

     

    毎日、子供たち7人で、

    海に行ったり、

    農場のお手伝いをしたり、

    町(と言っても田舎)に行ったり、

    夕食も大人数・・・

    ローストポークとかターキーとか、

    薄く(笑)スライスした肉とたっぷりのポテト、

    人参やいんげんなどの温菜

    これぞEnglish dinner

     

    夜も遅くまで皆でワイワイガヤガヤ

    「あれれ・・・一緒にわいわいやってる自分発見

    いつの間に、おしゃべりのJunにー

    文法なーんて気にしてる間なし

    間違えだらけ〜

    話しながら、自分の間違えがわかるけど、

    それより会話が先に行っちゃう

    気がつくと、

    home stay組のEnglishって、かなり無茶苦茶

    何でも言葉を発すると、わかってくれる

    急に、お気楽Junさん登場

     

    この2週間を境に

    私の耳が大きく開いたみたいに

    英語が聞き取れるようになった。

    日本語だって読めない字とか沢山なのに、

    英語間違っても no problem(えへへ)

     

    この気楽な英語が

    後々Jun' Dancing Lifeの助けになろうとは、

    その頃は思いもしなかった

     

     

     

     

     

    | junnieblog | - | 21:37 | comments(0) | - | - | -









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>