Jun's Cafe

奥村純アラカルト日記
<< シャドーと壁打ち | main | 高島屋様様 >>
お見合い
0

    ダンスのプロになることに、

    両親が大反対だったので…

    シノダダンススクールでの勤務を、

    夜は一日おきにしてもらい、

    家庭教師をしていることに

    ダンスやりたさに、親に初めて嘘ついた

    英文科卒業後、ホントに家庭教師していたので、

    引き続きやっていることにー(ごめんなさい

     

    ダンスに夢中になるのを恐れてか、

    「早く結婚させないと、25才になったら大変だ!」

    と、我が家ではお見合い攻勢…なんと20回以上

    (今なら考えられないことですよね〜 )

    「趣味は運動と料理やお菓子作り」と言うと、

    「いいお嬢さんですね。」

    (あははー、お嬢さんでした long long time ago)

    But 「ダンスが大好きで、毎日レッスン」には、

    「・・・

    散々お見合いして、

    さすがに両親もチョッピリ諦めた頃だ・・・

    篠田先生に、「奥村君とJunちゃんを踊らせたい」と、

    Sabuさんを紹介されたのは

    (これが、Jun's 最後のお見合い )

     

    翌朝8:00から、狂った()ように練習始めた我ら

    食欲旺盛でお米大好きなJunさん、

    疲れすぎでお昼ご飯がのどを通らないので、

    お茶かけて流し込んだ日々

    レッスンのちょっとの隙間にも、

    Tシャツに着替えてシャドーに明け暮れ、

    日曜も練習

     

    くたくたの身体

    「ゆっくり眠りたいよー

    なのに、サイコーに満たされていたナ

     

      当時のS&J

     

    いろいろ上手くできずに、

    眠れないほど悩んだりしたけど、ダンス人生の中で、

    たぶん一番幸せだった日々

    懐かしいです〜

     

     

    | junnieblog | - | 20:34 | comments(0) | - | - | -









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>