Jun's Cafe

奥村純アラカルト日記
<< 多すぎる食器たち | main | 魚焼きRoom >>
「重ーい!」なんて・・・
0
     どんなパートナーも、きっと一度は言われたことがあるのでは・・・
    「重い」 「硬い」 etc

    「うーん、重いなんていわないで〜!

    実際にレッスンしていて、どれだけ多くの人にうったえられたことか
    「パートナーが重い
    「リーダーに、重いって言われる
    アマ、プロ問わずである
    言われたパートナーの反応はというと・・・
    素直に言うことを聞くひとほど、
    腰を引いて、お化け(?)のように軽くなる
    すると今度は、
    「もっと、腕(ホールド)の中にいて、勝手にあばれないで!」
    だんだんパートナーも、
    「どーすりゃいいの」とキレルー
    何年もこんなことやってたら、先に進めないよ

    誰だって一生懸命練習しない人はいない。
    自分はちゃんとやってるのに、やりにくいのは相手のせい・・・
    と、なっちゃうらしい
    そこが人間のこと、いつも同じにはできないことに気がついて
    疲れていると、身体がほんの少し伸びられない日もある。
    ほんの少しでも曲がったボディに、一生懸命合わせると、
    合わせたつもりのパートナーのボディは、2倍曲がっちゃう

    みんなが、こんなことを繰り返している間に、とっておきの解決策
    音楽とフロアーに集中
    この2つは、不変 一番信用できる(エヘヘ)
    自分が床にまっすぐに立つ感覚を大事に、リーダーとコンタクト
    自分が正しく立てれば、自分の責任はほぼ果たせてる
    お相手が悪い時は、ちと踊りにくいだけ!
    見る人が見れば、どっちがいいかハッキリわかる

    コンタクト(5つあるヨ)の圧力を変えずに、シャドーしているフィーリング
    「重い」っていうのは、反応が遅くて、この圧力が増しちゃうこと。
    決して、体重が重いわけじゃないのでーす
    楽しく練習できる日を、なるべく増やしてネ

    懐かしい引退パーティでのパソドブレのデモンストレーション。この日のためにHelen Richeyが作ってくれたパソ用の赤いドレスを着て・・・

    いい練習ができない人、いつでも言って !!

                    
    I'll help you !
    | junnieblog | - | 21:53 | comments(3) | - | - | -
    Jun先生、いつもブログを読んで、「なるほど」。私も少しでも先生のおっしゃることを身に付けられたら、と反省しています。自分の踊りは見えないので、自分以外の全て(リーダー、靴や床の状態、音楽がダサい、等々)を責めたくなります。上手く踊れないのは何故なのか、自分なりに考えたつもりが、こんな不毛な原因探し。二人で作るダンスだからこそ、自分の責任をきっちり果たすように、姿勢と音楽に集中して練習しないと。
    珠玉のアドバイスです。ありがとうございます!
    | Jaja-maru | 2011/08/25 11:24 AM |
    ホントにためになります。

    毎日身体の調子が違う事をどうコントロールしていいか分からなかったんですが、フロアと音楽かぁ!

    ありがとうございます。
    | mi | 2011/08/27 12:28 PM |
    Jaja-maruさま

    コメントありがとうございます。
    毎日、全力での練習・・・うまく踊れない時の気持ちの
    持って行き場のない葛藤、よーくわかります。
    私も、さんざんもがき(??笑)ましたから!
    私は、亡き恩師・Nina Hunt先生から、
    「言い訳しない」ということを習いました。
    頑張って〜!! 応援してますよー。


    miさま

    少しでも、お役にたてたなんて・・・嬉しいです。
    ダンスを大切に、そして踊れる幸せを感じて、
    思いっきり練習してくださいね。
    Good Luck !!
    | Jun | 2011/08/28 4:43 PM |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>