Jun's Cafe

奥村純アラカルト日記
肺活量
0

    レッスン with マスク

     

    にもすっかり慣れたとはいえ

    やはり何の心配もなく、

    大きな声でレッスンしていた日々が

    恋しい

     

     

    With Mask でも、

    踊りながら号令したりとか、

    かなり酸欠状態

    高地トレーニング中って感じかな

     

     

     

     絶対に肺活量増えてる〜

    (これがホントにホント・・・人間ドックで

     肺活量が去年より増えたJunさん )

     

     

     

    コロナ感染予防対策の成果かな

    『初めてのダンス・モア』の皆さん

    組んだ時に、重ならないように、

    ちゃーんとみんな左を見て

    ホールドして大進歩

    広ーい空間でのダンス

    半分ずれて組み、

    2人とも、それぞれ左の方見て

    Dance with Mask

    かなり密にならずに踊れる

     

     

    こんな状況でも、

    新しく入会してくださる方もいらして、

    With Maskでも、

    踊ればみんなの笑顔がはじける

     

     

     

    こんな時こそ明るい笑顔で過ごしたい

    でも笑うと、マスクってずれるー

     

     

     

     

     

     

     

    | junnieblog | - | 00:40 | comments(0) | - | - | -
    ずーっとお家ご飯
    0

      2月頃から

      ずーっと、ずーっとお家ご飯の我が家

      かれこれ6か月

      きゃー半年だ〜

       

      朝ごはん

       

       

       

       朝はたいていパン…たまにホットケーキ

       

      ランチはお弁当

       

       

       

       あしが使えなくなったら

       お弁当屋さん目指そうなーんて

       

       

       おいなりさんとか、おにぎり

       

      夕飯

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       忙しい日用カレーの作り置き

       

       

       夜は和食が多いけど、時間がない時は

       「お肉焼いて+納豆」

       

      「お家ご飯」ってことは

      自分で作ったもの以外食べてない〜Me

      えーん

      早くコロナさんおさまって

      And 私を外食に連れてってー

         Please

       

       

      | junnieblog | - | 23:48 | comments(0) | - | - | -
      15才のLondon(3)・・・Isle of Wight
      0

        少しずつ学校にも慣れ、

        家に呼んでくれる友達もできた・・・

        でも、やっぱり日本に帰りたかったMe

         

        英語なので、無口になりがち〜

        頭の中で英作文つくり、

        たまに完璧な英語をボン

        それ以外は、ニコニコ笑ってごまかせ

        このくせって、この頃ついたかも

         

        やっぱりもっと慣れるために、

        夏休み2週間、英国人の家庭に、

        home stay

        場所は、ロンドンの南

         

         

        the Isle of Wight

         

         

         

        4人の子供のいる農場・・・

        私の他に2人ホームステイ

        ドイツ人とロシア人の17才の女の子

        1日目にしてホームシックのMe

         

         

        「あといくつ寝ると、London

        何と、早く日本に帰りたかったJunさん、

        Londonへ帰りたい!!

         

        毎日、子供たち7人で、

        海に行ったり、

        農場のお手伝いをしたり、

        町(と言っても田舎)に行ったり、

        夕食も大人数・・・

        ローストポークとかターキーとか、

        薄く(笑)スライスした肉とたっぷりのポテト、

        人参やいんげんなどの温菜

        これぞEnglish dinner

         

        夜も遅くまで皆でワイワイガヤガヤ

        「あれれ・・・一緒にわいわいやってる自分発見

        いつの間に、おしゃべりのJunにー

        文法なーんて気にしてる間なし

        間違えだらけ〜

        話しながら、自分の間違えがわかるけど、

        それより会話が先に行っちゃう

        気がつくと、

        home stay組のEnglishって、かなり無茶苦茶

        何でも言葉を発すると、わかってくれる

        急に、お気楽Junさん登場

         

        この2週間を境に

        私の耳が大きく開いたみたいに

        英語が聞き取れるようになった。

        日本語だって読めない字とか沢山なのに、

        英語間違っても no problem(えへへ)

         

        この気楽な英語が

        後々Jun' Dancing Lifeの助けになろうとは、

        その頃は思いもしなかった

         

         

         

         

         

        | junnieblog | - | 21:37 | comments(0) | - | - | -
        15才のLondon(2)・・・ちょっと人気者??
        0

           

           

          Wimbledon Common の近くの学校、

          The Study に通い1か月位たった頃・・・

          副校長先生が、

          「英語に慣れるように、休み時間、

           幼稚園に手伝いに来なさい!」

           

           

          金髪の、青いお目目の可愛い子ばかり

          でも騒いだり、いたずらしたり・・・

          そこは日本と変わらない

          But 先生は厳しい

          いう事きかないと、

          木の定規で、小さな手をピシャリ

           

           

          私はというと、

          何いわれても、ニコニコ満面の笑み

          可愛い、雑誌に出てくるようなおチビちゃん達に、

          June !  June !

          と大騒ぎされ・・・

          英語能力がピッタリ fit (笑)のせいか、

          友達と思ったらい

           

          ついに、女の子たちのMamaに、

          「家でも、June、June ってすごいのよ。

           朝学校に娘を連れて行ってくれないかしら

           

           

          まだ英語にも慣れないMe に、

          大事な娘を託すか〜

          慕われちゃったのは嬉しいけど・・・

          翌朝から、

          Wimbledon,9C The Grange

          ベルがピンポーン!

          2人の女の子の手を引いて、

          Junさん、いざ登校

          | junnieblog | - | 23:28 | comments(0) | - | - | -
          15才のLondon (1)
          0

            15才の4月・・・ to London !!

            2年前から父が単身赴任していたので。

             

             

             

            家は、Wimbledonの9C The Grange

            庭の花がきれいなレンガ作りの家。

            (ズーっと後に、

             田中英和・Adel夫妻も同じ家に

             住んだって知る。偶然すぎ〜!!)

             

             

             

            高校入学1週間で休学してきたので、

            すぐWimbledonの私立校 The Studyに通う。

            英会話だけでも慣れないのに・・・

            Oh,My God !!

            なんとラテン語、フランス語、ドイツ語の授業。

            ついていけたのは、数学、英文法(現地の国語)、

            体操に音楽テニスにホッケー授業まであって、

            さすがEnglandって感じ

             

            週末の宿題の量って、日本の学校の何倍も〜

            悪戦苦闘のラテン語などの代わりに、

            週3回、副校長先生が、

            英語の個人レッスンをしてくれることに。

             

             

             

            相当ありがたいことだけど

            これがまたまた凄ーい!

            週1回作文書かされ

            何せ英語、だんだん書く事に困り、

            ついに『Mt.Fuji』なーんてことまで

            富士山について、何書いたんだろう

            内容は覚えてないけど

            (ここで何という偶然!!

             田中先生夫妻のお嬢さん2人が、

             この同じ学校に通ったとのこと)

             

             

            まだ15才、

            ダンスも知らず

            Sabuさんの存在も知らず

            Long time ago

            後にプロのダンサーになり、

            日本とイギリス行ったり来たりに

            なろうとは、思いもしなかったJunさん

             

              初留学

            | junnieblog | - | 23:57 | comments(0) | - | - | -
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>